5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

曽孫が語る東條英機の人物像とは ~知られざる素顔 ~

歴史

曽孫が語る東條英機の人物像とは ~知られざる素顔 ~
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

曽孫 東條英利氏との出会い

湯島天満宮で行われた東條英利氏の日本月例研究会に参加しました。国際教養振興協会の理事を務める氏との出会いは約3年前。友人にカルチャバトンの会という日本の伝統文化を繋いでいくというイベントに誘われたのがきっかけでした。会社員時代に駐在していた香港で、真の国際人とは自国日本のことをきちんと伝えられる人と痛感したことなどから協会を立ち上げられたという氏に共鳴しました。私も学生時代のホームステイや会社の海外研修などを通して同じことを思っていたからです。日本史が好きでもあった私は、時々勉強会に参加していました。最近は日程が合わなかったりしていたのですが、この度、曾祖父について語られるとのことで大変興味を持ち、休日であったので参加することができました。

そもそも東條家には、「一切語るなかれ」という家訓があるなかで、氏が曾祖父について公に語る決心をされたのは、香港駐在時のご友人の縁で香港の学生の前で曾祖父について話されたのをFacebookに投稿したところ反響があったそうで、終戦記念日の8月に行うことに決めたそうです。当日は80人以上の人が参加し、中には若い人もいて、戦争という重い背景を伴うテーマであるだけに嬉しく思いました。

家系図を見せてくださる東條英利氏

東條家は南部藩出身、平家や筑豊の炭鉱王と呼ばれた伊藤伝右衛門のお血筋も

東條英機のイメージは?

月例会にて氏は、「東條英機に対してどんなイメージを持たれていますか?」と問われました。その時、私は殆ど何もないということに気づかされます。知らないから知りたくて参加しているのだということを再認識しました。
確かにA級戦犯であり、アジアのヒトラーとか独裁者とか言われているので失礼ながらあまり良いイメージはないものの、具体的な人物像は浮かび上がってきませんでした。私は日本史が好きではあるのですが江戸時代までで、実は近代史はあまり好きではないのです。戦争が絡んでくることと、時代が近くてリアル過ぎて歴史という感覚がないのです。室町時代などに散々行われていた戦は、歴史と客観的に捉えているのです。

強いて言うなら、私が東条英機を意識したのは、元小泉首相の靖国参拝が騒がれた頃、英会話サークルでディベートを行ったときでした。私はA級戦犯とかそういう分け隔てはなく、純粋に日本のために尽くした方たちに敬意を表したまでという心持ちに賛同で、中国・韓国人を納得させるには分祀すればいいではないかと思っていました。


しかし、おぼろげにイメージが変わり始めたのが、以前の勉強会で氏がおっしゃったことです。伊勢神宮には一般人が普通に行っても中には入れないですよね。しかし、「東條家の方ですか。東条英機元総理が全てを背負って天皇陛下をお守り下さったのだから。」と快く中に入れてくれたそうです。日本のため、天皇陛下のために盾となった・・時代背景的にそうであっても不思議ではないと思うようになったのです。歴史などは、時の権力者などによっていかようにもされてしまいますから。

現実逃避をした幼少期から青春時代

東條家としての認識を持ち始めたきっかけが、1982 曾祖母(東条英機の妻)の葬儀、担任教師、1983 映画「東京裁判」公開で、氏が10歳くらいの時。以後、コンプレックスから現実逃避をし、東京の方であるにもかかわらず、埼玉の国際高校に入学し、日本史は嫌なので世界史を取ったそうです。

果たして本当の東條英機はどんな人物だったのか?

東條英利氏のイメージはサザエさんの波平

人物像1 まさに「努力」をモットーにした人物!

人物像2 几帳面がこうじて「メモ魔」という異名をとる!

そのメモは現存している!

人物像3 人のために使うお金こそが生きたお金

米軍も間違えるほど質素だった東條邸

何と、お隣の大きな庄屋が間違えられて爆撃にあい、東條邸は無傷だったという。
つまり、時の首相の私邸としては質素だったということ。

実は東條家も火の車だった!?

であるにもかかわらず、部下の奥さんの入院費の工面のため、妻カツ子が近所を駆けずり回る。

人物像4 公平・公正

国民の生活を心配していた。

人物像5 子煩悩

孫の東條英勝氏を溺愛していた。お手紙のやり取りが残っている。

人物像6 バカがつくほど大真面目!

敗戦後の緊迫した日々・・

戦後、世間は手のひらを返し、東條家に受難が襲いかかります。

覚悟の遺書

家訓 一切語るなかれ!

オレの言い訳だけは絶対にするな!と言い残していた。お父上、東條英勝氏は当家の中でもとりわけ厳しい運命を生き抜いてこられた。

A級戦犯の家族として生きるということ

戦後、東條家は暗殺の恐怖から逃れるために1年に8回もの引っ越し、そして東條の名では雇ってくれるところなどなく、庭先に野菜を植えるなど貧困生活を送ります。氏のお父上・おじい様はA級戦犯の家族として差別・いじめを受け、それはもう壮絶で涙がこぼれてしまうほどでした。由緒あるお家柄と思っていただけに衝撃でしたね。

まとめ

不服ながら敗戦国で誰かが戦争責任を問われなくてはならなかったのなら、軍人であり時の総理大臣が矢面に立たされてしまうでしょう。東條英機ではなく他の人であってもそうなったと思います。極悪非道というならば、民間人を巻き添えにして原爆まで落としたアメリカの元大統領トゥルーマンの方が余程でしょう。

トゥルーマンのお孫さんが、ヒロシマ・ナガサキの被爆者と交流を続けているというのがせめてもの救いですね・・。
          ⇓

最後に

東條英機は決して独裁者でも大悪人でもなかった。それは、東條英利氏のお人柄が証明していると思います。何故なら、東条英機は氏のおじいさまを、おじいさまはお父様をお父様は氏を育てられたからです。

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう