今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

全国の個性派お雑煮5選

暮らし全般

全国の個性派お雑煮5選
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

お正月の伝統料理「お雑煮」は、地域の受け継がれてきた文化によって味も形も様々ですね。東西でもかなり違います。

☆すまし汁か味噌仕立てか、角餅か丸餅か

まずは、日本全国のお雑煮の傾向をざっと説明しましょう。関東では「焼いた角餅」を入れたしょうゆ味の「すまし汁」タイプが多く、関西では「湯通しした丸餅」を入れた「味噌仕立て」が多いというのが一般的。

この中でも、全国の個性派お雑煮をまとめてみました。

・岩手: 三陸沿岸のお雑煮くるみ餅

三陸沿岸の一部地域ではおいしいものを「クルミ味」と表現する。そのおいしいものの代名詞であるクルミを擦ったものに、砂糖やしょうゆで味を付けたたれを椀に添え、お雑煮の餅に付けて食べる。お雑煮はしょうゆ味の汁に焼いた角餅を入れたもの。

・香川・高松 : 餡餅雑煮

何と香川や高松ではお雑煮の中に餡が入っています。最初は驚きでしたが、意外と白味噌と合うんです。具は京ニンジンや大根など。味の想像がつかないという人もいるかもしれませんが、白味噌自体が甘めの味なので、意外に違和感なく食べられます。いざ食べると「あ、おいしいね!」という人がほとんどだそうです。

・島根 : 出雲の海苔雑煮

出雲市平田地区の十六島(うっぷるい)湾近辺の岩場の海岸で手摘みされる十六島海苔(別名かもじ海苔)は、江戸時代から珍重されてきた極上の岩海苔。出雲平野や奥出雲のお雑煮には欠くことができない。煮干やコンブ、カツオ節でだしをとったしょうゆ味の汁に丸餅を入れ、海苔をのせれば磯の香がふわりと立つ。海苔は酒でほぐしたものをのせる方が香り高いが、緑色になるまで煮てもよい。

・島根: 小豆雑煮

ブリ、アユ、ハマグリ、黒豆など、島根では地域によりお雑煮の主役はいろいろ。出雲地方でも、松江市や出雲市平田地区のあたりでは小豆雑煮を食べる。今では甘いぜんざいの家が多いが、本来の小豆雑煮は甘くないもの。柔らかくゆでた餅を塩味のすまし汁に入れて煮小豆をのせ、かつては「ハレ」の日の貴重なごちそうであった砂糖をその上にかけて食べる。

・ 新潟: サケとイクラの親子雑煮

豪雪地帯でもある新潟では、正月のための餅つきや塩ザケ作りなどは、単に「ハレ」のごちそうを作るというだけではなく、越冬のための準備でもあった。サケの産地でもある新潟では、お雑煮にもサケとイクラが登場。具だくさんのお雑煮には塩ザケを入れ、イクラをトッピングする家も多い。イクラは加熱せずにのせることもあれば、さっとゆでてからのせることもある。

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ